京都「とくなが整体院」の整体コラム

※この記事はとくなが整体院のコラムアーカイブです。※
整体・セルフケア指導は常に最善の手法を採用するため、変化する場合がございます。
現在当院が採用する手法については、整体コラムTOPページより最新情報をチェックしてください。

※この記事はとくなが整体院のコラムアーカイブです。※
整体・セルフケア指導は常に最善の手法を採用するため、変化する場合がございます。
現在当院が採用する手法については、整体コラムTOPページより最新情報をチェックしてください。

慢性疲労の原因は糖分過多!?

京都のとくなが整体院です。
当院HPをいつもご覧いただき、ありがとうございます。

とくなが整体院 施療時間変更のお知らせ

11月より、施療時間が30分早くなります。

施療時間(2012年11月1日~)
施療時間 11:00~19:30
電話受付 10:30-18:30(火・水・金・土曜日)

電話受付の時間も30分早くなっています。
インターネットでのご予約は、今まで通り24時間受付です!
よろしくお願いいたします。

自律神経・内臓と糖分の関係

行楽にぴったりの季節になりましたが、
みなさまいかがお過ごしですか?

京都ではこのごろ観光の方がぐっと増えて、
これから紅葉シーズンまでぐんぐん人気の盛んな時期になっていきます。

いろいろなところに出かけると、
ついつい目に入るのは「あま~い誘惑」です。

ご飯を食べてもまだ食べられるような気になりやすい、この季節。
観光地ではわらび餅やあんみつのお店がずらりと並び、
長袖を着こんでいるのに、
抹茶パフェやソフトクリームを頬張っている人がたくさんいます。

自律神経や内臓のためには、食生活の改善が欠かせません。
しかし、食生活の改善にあたって大きく立ちはだかってくる壁が、
この「あま~い誘惑」なのです。

甘いものは低血糖・冷え・免疫低下のともだち

「甘いものを控えてくださいね」というのは、
食事のことをお話する上で必ず申し上げることなのですが、
なぜ控えなければならないのかというと、

甘いものは血糖値を急激に上げ、その後低血糖に陥る

お砂糖や人工甘味料などを摂取すると、
血糖値は一時的に急上昇します。
しかしその後、その反動で急激に下降し、
結果的には食べる前より血糖値は下がります。

血糖値が必要以上に下がると「低血糖症」と呼ばれる、

  • からだがだる重い
  • 強い疲労感
  • 肩こり、背中や肩甲骨が痛い
  • 泥のような眠気
  • 集中力がなくなる
  • 頭痛やめまい
  • 動悸、息切れ
  • イライラや不安感

といった症状が出てしまいます。

実は、ついつい食べ過ぎてしまったり、
イライラすると何かが食べたくなる、
とにかくお腹いっぱい食べないと気が済まないといった、
「食べ過ぎ」「過食」の症状も、血糖値の急降下が原因です。

甘いものに限らず、果物や穀物、イモ類なども糖質が多いので、
たくさん食べると低血糖症の原因となってしまいます。
何を食べるにしても、「ちょっと足りないかな?」くらいの腹八分目が目安です。

甘いものは内臓を冷やす

糖分には、内臓を冷やす作用があります。
野菜や穀物などの多糖類でしたらその作用はゆるやかですが、
お砂糖や人工甘味料になると、かなり強く冷やしてしまうため、
下痢や腰痛、関節痛、疲労感などの原因となります。

内臓が冷えると、内臓の機能が低下し、免疫力が下がる

内臓が冷えると、その働きは鈍くなり、
冷えの状態が続くと、機能そのものに支障が出てくる場合があります。
内臓は全身の免疫機能も管理していますから、
こうなると全身に症状が及び、今現在出ている問題の解決も遅れます。

甘いものは「やめられない止まらない」

そして何より怖いのが、
甘いものには一種の中毒性があるということです。

食事内容を改善していくと、
ふだんより糖分の摂取量が減って、
少し血糖値が下がります。

すると一時的に、無性に甘いものが食べたくなるのです。

しかし、
ここでお砂糖や人工甘味料の入っているような甘いものを食べてしまうと、
今度は急激に血糖値が下がるため、
次はもっと強い症状と、もっと強い渇望があらわれます。

この悪循環に陥ってしまうと、低血糖症になる可能性があり、
とても危険です。

食事のケアをされている方は、
このような低血糖症に陥る場合がとても多いので、
特に第三機関の食事指導やメンテナンスを受けていらっしゃらない方は
気をつける必要があります。

甘いものとの上手な付き合い方

このような「甘いものへの欲求」は、
内臓の機能が安定してくると血糖値が安定してきて、徐々に減っていきます。

ですから、
おからだに合った食事アドバイスと
内臓機能を強化する整体を同時に受けながら取り組まれるのが、
いちばん安全な方法です。

とくなが整体院の自律神経集中調整コースでは、
食養アドバイスと内臓・自律神経を強化する整体がセットで受けられます。

この整体コラムをご覧になっている方の中には、
甘いものが大好きで「甘いものを食べているときがいちばん幸せ」
という方もいらっしゃることでしょう。
そんな方には、すべての糖を完全に断つのではなく、
良質の糖分を少しずつ摂取する方法もあります。

からだはこころに正直ですから、
苦しみながらケアをしても、大して効果は上がりません。
大事なのは、楽しみながら改善していくことです。

とくなが整体院では、
お一人お一人のからだとこころに合った
楽しく体質改善できる方法♪ をアドバイスさせていただきます。

疲労感や眠気、頭痛やめまいでお悩みの方、
セルフケアがうまくいかない方、
甘いものや食べ過ぎがやめられず困っていらっしゃる方は、
ぜひ一度ご来院ください^^

--------------------

当院の自律神経調整調整コースは、
秋の食べ過ぎで乱れがちな内臓・自律神経のバランスを整え、諸症状の早期解決を促します。
ホームページをご覧の方は初回料無料!
おすすめ!自律神経集中調整コース

疲労感、肩こり、背中の痛み、胃腸の不調、精神的な症状などのお悩みには、
自律神経集中調整コースとセルフケアを並行して実践されるのが最速の解決法です。

整体を受けられた方の感想・口コミも多数頂いております!

--------------------

2012.10.26

↓今すぐご予約はこちら↓
【完全予約制(当日予約OK)】
075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
「HPを見た!」とご連絡ください
ネット予約はこちら

ページの先頭へ戻る