京都「とくなが整体院」の整体コラム

※この記事はとくなが整体院のコラムアーカイブです。※
整体・セルフケア指導は常に最善の手法を採用するため、変化する場合がございます。
現在当院が採用する手法については、整体コラムTOPページより最新情報をチェックしてください。

冷え・腰痛対策!夏のオフィスワークを快適に

京都のとくなが整体院です。
当院HPをいつもご覧いただき、ありがとうございます。

京都では35℃を超える猛暑日が続いておりますが、
みなさまお変わりありませんでしょうか?

以下のような症状があれば、
自律神経が乱れて夏バテを起こしていますので要注意!

  • 夏バテチェックポイント
  • 食欲がない
  • 顔がのぼせる、または足元が冷える
  • 下痢が続く
  • 夜なかなか眠れない、または何度も起きてしまう
  • 湿疹や肌荒れなどが続く
  • からだがだるく、疲れがとれない
  • 頭痛や胃もたれなど、その他の自律神経失調症状

夏バテ対策法はこちらのページから↓
湿気と暑さに負けないために【夏のからだ】

長期予報では今年の夏は「例年より暑い」らしいのですが、
猛暑がずっと続くというよりは、
「平均して猛暑日が例年より多い」ということらしく、
猛暑日の合間を縫って
寒気や台風などもやってくる可能性が高いのが、
今年の夏の特徴だそうです。

気温差や気圧差が大きくなると、自律神経は大きく乱れます。
この夏はどうぞ十分なご注意を!

自律神経+座骨の調整で夏でも快適オフィスワーク!

上にも挙げましたが、毎年夏になると、
「顔がのぼせる、または足元が冷える」という方が多くなります。

この症状は、
冷房のよく効いたオフィスでデスクワークをされている方に多く、
「座りっぱなしだと腰やおしりが痛い」というような症状も
併発している場合が多いです。

のぼせや冷え、体表のほてり、
これらはすべて内臓が冷えてしまっているために起こる現象です。

からだにとって良い状態とは
「からだの内側(内臓)が熱く、表面は冷えている」
「上半身は冷えていて、下半身は暖かい」

という状態です。

冷房下で冷たいものを摂取するなどして内臓が冷えてしまったり、
猛暑と冷房とのギャップ、あるいは強い熱射によって温度調節機能が乱れると、
自律神経失調症となり、上記のような温度分布が狂ってしまい、
それによって、のぼせ、冷え、ほてりなどの症状が起こってきます。

また、座りっぱなしの状態で、
座骨や骨盤、股関節などに歪みが生じ、負担がかかっていたりすると、
血液循環が悪くなったり、
脳脊髄液が仙骨(背骨の一番下の部分)まで到達できなかったりするので、
下半身に老廃物がたまった状態になり、
冷えやむくみが起こります。

つまり、
「顔がのぼせる、足元が冷える、足がむくむ」
「座りっぱなしで腰やおしり、背中が痛い」
というようなデスクワークのお悩みを解消するには、以下の三点が重要
なのです!

1.脳脊髄液の流れの促進+頸椎や背骨の調整で、自律神経のはたらきを高める
(体内温度分布の正常化、内臓の強化、老廃物処理能力の向上など)

2.座骨や骨盤の歪みを整える、背中のこわばりを取り除く
(腰痛や臀部痛(お尻の痛み)などの解消、全身の循環を良くする)

3.食養生で内臓の冷えすぎない、やさしい食事を
(内臓を健康に保つ)

この三つがそろっていなければ、
効果があまり得られなかったり、歪みが再発したりする恐れがあります。

とくなが整体院の自律神経集中調整コースでは
自律神経と腰・臀部の調整、食養アドバイスの三点が受けられます。
夏のオフィスでも快適に過ごしましょう!

--------------------

当院の自律神経調整調整コースは、
夏の湿気や暑さで崩れがちな自律神経のバランスを整え、諸症状の早期解決を促します。
ホームページをご覧の方は初回料無料!
おすすめ!自律神経集中調整コース

のぼせ、ほてり、冷え、むくみ、腰痛、臀部痛(お尻の痛み)などのお悩みには、
自律神経集中調整コースとセルフケアを並行して実践されるのが最速の解決法です。

腰痛・臀部痛等への感想・口コミも多数頂いております!

--------------------

2012.07.30

関連ページ

↓今すぐご予約はこちら↓
【完全予約制(当日予約OK)】
075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
「HPを見た!」とご連絡ください
ネット予約はこちら

ページの先頭へ戻る