京都「とくなが整体院」の整体コラム

年末年始のお出かけと食事に! 仙骨カイロとMCTオイル

京都のとくなが整体院です。
当院HPをいつもご覧いただき、ありがとうございます。

年の瀬が迫ってまいりましたね。
今回は、年末年始のお出かけや、糖質制限中の方の食事についてお話します。

全身ぽっかぽかにあったまる! カイロの貼り方

初詣や初日の出など、寒いときのお出かけの強い味方が、貼るタイプの「カイロ」。
その威力を最大に発揮するには、貼る場所にポイントがあります。

おすすめは「仙骨」の上。
仙骨は、背骨の下の出っぱった場所、おしりの割れ目の上にあります。(図参照)

仙骨は中医学でも「冷えに効くツボ」として有名な場所。
下半身の神経や血管が集中している場所なので、ここにカイロを貼ると足先まで温まります。

特に女性は、仙骨にカイロを貼れば、子宮もしっかり温まるのでおすすめです。

全身が強く冷えるときや、胃腸の調子が悪いときは、肩甲骨の間がおすすめです。(図中の上の円)
ここは胃腸のはたらきに関係する場所なので、新陳代謝が高められます。
また、上半身全体が温まる場所なので、仙骨と合わせて貼ると全身がポカポカになります。

ぜひ、お出かけの際にお試しください^^

年末年始の食事に! MCTオイルのおすすめ

糖質制限をされている方でも、せっかくの忘年会や新年会、「甘いものや炭水化物を食べたい」「糖質の高いお酒(ビールなど)を飲みたい」と思われる方もいらっしゃることと思います。

糖質を取ると、からだは糖代謝になるので、一時的に元気が出たような感覚になります。
しかし、糖質制限の食生活に戻していく際に、糖質が足りず低血糖症状(だるさ、イライラ、眠気など)が出る場合があります。

糖質制限中はケトン代謝(脂肪をエネルギーとするサイクル)になっているので、低血糖状態でもこのような症状は出ませんが、一度糖代謝(糖をエネルギーにするサイクル)になってしまうと、ケトン代謝になるまでには時間がかかります。
ここがうまくいかないと、症状がつらいために糖質を食べ続けて、糖質制限自体をやめてしまうということになりかねません。

そんなとき、糖質の代替エネルギーとしておすすめなのが、MCTオイルです。
MCTオイルは中鎖脂肪酸という構造が短い形の脂肪酸なので、消化吸収の時間が短く、すばやくエネルギーに変換されるのが特徴です。

からだはエネルギーに変換しやすい糖を先に変換し、そのあとで脂肪を変換します。
ですが、MCTオイルはすぐにエネルギーに変換されるため、低血糖症状に陥る危険が軽減され、糖代謝からケトン代謝に切り替わりやすくなります。

MCTオイルは糖質を減らしていく際(または低血糖を感じるとき)に、スプーン一杯を食事にかけたり、飲み物に入れたりして、こまめに摂ってください。
すばやく吸収されるので、量よりも回数が重要です。
外出される際などは、スティックタイプのものを持ち歩くのも良いと思います。

MCTオイル
MCTオイル スティックタイプ

※大量に摂取すると胃痛を起こす場合がありますのでご注意ください。少量からはじめて、1回2~3グラムが目安です。

MCTオイルは、今から「糖質制限をはじめてみよう!」という方にもおすすめです。
糖質を急激に減らすのは危険ですから、「甘いものの間食をやめる」「ごはんだけ抜いてみる」など少しずつ減らしながら、MCTオイルを摂取しつつ試してみてください。

糖質制限の方法はこちら↓
【2015年最新食事ケア】慢性疲労・ケアの効果が出ない方必見!糖質オフのすすめ
【2015年最新食事ケア・その2】慢性疲労を根本改善!糖質オフ実践法

とはいえ、年末年始の飲みすぎ食べすぎは後になってからだに出ることもありますので、ご注意くださいね!

【お知らせ】年末年始のお休みについて

とくなが整体院は2016年12月29日(木)~2017年1月6日(金)までお休みをいただきます。
よろしくお願いいたします。

早いうちに副交感神経を強化し、免疫力を底上げしておくと、寒い季節に感じるからだの調子は全く違います。
年末年始に備えてからだのメンテナンスをしたい方、自分のからだにぴったりの食事アドバイスを受けたい方は、ぜひご予約ください。
まだ年末のご予約可能です。混み合う時期ですので、ぜひお早めに!

↓今すぐご予約はコチラ↓

075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
ネット予約はこちら
「HPを見た!」とご連絡ください。

完全予約制(当日予約OK)
受付時間 火・水・金・土曜日 10:30-18:30
施療時間 11:00-19:30

予約枠が増え、ご予約が取りやすくなりました。
混雑も落ち着いておりますので、お忙しい方はぜひ今のうちにご予約ください!
twitterで最新の空き状況をチェックする

2016.12.7

関連ページ

ページの先頭へ戻る