京都「とくなが整体院」の整体コラム

※この記事はとくなが整体院のコラムアーカイブです。※
整体・セルフケア指導は常に最善の手法を採用するため、変化する場合がございます。
現在当院が採用する手法については、整体コラムTOPページより最新情報をチェックしてください。

変化の激しい梅雨の季節に!
雨ダル・夏バテ対策法!

京都のとくなが整体院です。
当院HPをいつもご覧いただき、ありがとうございます。

梅雨も本格的になり、大きな台風が間近に迫っていますが、
おからだの調子はいかがでしょうか?

梅雨は気候の変化が激しく、雨の日や暑い日それぞれ、からだに影響を強く与えます。

1.こんな雨ダル症状にお悩みではありませんか?

雨が降ったり台風が近づくと、
こんな症状が起こる方が多くなります。

  • 頭痛がする。または、めまいがする。
  • お腹が痛くなる。または、下痢をする。
  • 腰痛・膝痛・関節痛や神経痛が起こる。
  • からだが重だるい。
  • 下半身のむくみが強い。
  • 気分が重く、憂うつになる。
  • 冷え、あるいはほてりを感じる。
  • 生理が重い。
  • 頻尿や膀胱炎などがある。
  • 持病が悪化する。
  • 食べたり飲んだりすると、鼻水が出る。
  • 雨の前や、雨上がりに症状が出る。

2.こんな夏バテ症状にお悩みではありませんか?

また、日差しが強く、暑い日はこのような症状の方が多くなります。

  • ふらつき、立ちくらみがある。
  • 疲労感がある。
  • 熱っぽい。頭がボーっとする。
  • 不眠や寝つきが悪い。
  • 眼精疲労。
  • 体がだるく、無気力。
  • 感情の起伏が大きく、イライラしがち。
  • 肌が乾燥する。または、ニキビや口内炎ができる。
  • 食欲不振や吐き気、便秘や下痢が起こる。

では、なぜ雨の日や暑い日に、このような症状が起こるのでしょうか?

梅雨は気候の変化激しく、体調が変わりやすい季節

梅雨の季節は、東洋医学では「脾」=胃腸が乱れやすい季節です。
脾が乱れると、下痢や便秘、食欲不振などに陥りやすくなります。

また、アーユルヴェーダの観点から梅雨を考えると、
気温が低く雨の降る日は、ヴァータ(風)とカパ(水)が乱れやすく、
梅雨の晴れ間の日差しが強い日は、ピッタ(火)が乱れやすい状態となり、
梅雨は三つの体質全てが乱れやすい、変化の激しい季節といえます。

さらに胃腸の弱りから生命エネルギーとも言われるアグニ(消化力)が落ちるため、
症状が長引き、基礎体力そのものが落ちてしまうこともあります。

気候でからだが変わるのはどうして?

「一流シェフは、その日の天気によって食材の性質や分量を使い分ける」
ということを耳にされたことがある方は多いと思います。

一日一日、気温や湿度は大きく変わり、
それらが食材などの性質に変化を与えるため、
専門家の方々は、出来上がりに大きな影響を及ぼさないよう調整されているのです。

実は、からだも同じです。
気温や湿度、日射、気圧などは、常にからだに影響を与えています。
梅雨は特にその変化が大きくなり、自然と影響も強くなります。

ただ、食材と違って「生きている」わたしたちのからだの自律神経には、
あらゆる変化に対応し、体温や脳圧などを一定に保つための「ホメオスタシス」という機能があります。

このホメオスタシスが万全に働いていれば、変化が起こっても元気に過ごすことができます。

しかし、変化が大きい時期に食べ過ぎや夜更かしなどの無理をしたり、
雨の日の水分の摂りすぎや暑い日の激しい運動など、さらに負荷のかかることを行うと、
自律神経や内臓が疲労し、ホメオスタシスが機能しなくなります。

「雨ダル」や「夏バテ」の症状が出ている方は、
自律神経や内臓などの弱りと機能低下が起こっている状態です。

梅雨~夏は、自律神経・内臓から基礎体力を向上させるとともに、
セルフメンテナンスで気候によって細かく対応し、
からだの負担を減らしていくことが重要となります。

雨ダル・夏バテ対策法!

雨の日には脾(胃腸)にカパ(水)が溜まりやすくなりますので、
水分の摂り過ぎに気をつけます。

また、水分は飲み物だけでなく、野菜や魚にも含まれています。
特に生野菜の80%は水分と言われていますので、サラダ等は控えめに、
火を通したものや、水分代謝を助ける小豆などを摂ります。

よく晴れて暑い日は、水分をこまめに摂り、激しい運動は避けます。
ただし熱射病予防といっても、水分を摂りすぎると体内の水分量が増えて、
晴れのときでも雨ダル症状が出ますので注意しましょう。

ただし、自律神経や内臓の機能が低下し、基礎体力に影響が出ている方は、
セルフケアだけでは症状回復に時間がかかる場合が多いです。

またケア方法に関しても、
「水が溜まりやすい」「神経系が乱れやすい」「炎症が起きやすい」など、
お一人お一人の体質によってケア方法が大きく異なってきます。

そして、内臓や神経から見た現在のおからだの状態と比較してみると、
「食べ過ぎ」「夜遅くに食べている」「朝食が負担になっている」
「添加物やお薬で内臓が冷えたり、副作用が起きている」「水分の摂りすぎ」
「睡眠時間の狂い、または寝すぎ」「運動不足、または運動のし過ぎ」
「甘み、辛み、油分、塩分などの適切なバランスから外れている」
などのポイントが見えてきますが、
ご自分だけでケアしていると、癖や負担となっている点には案外気付きにくいです。

自律神経・内臓基礎力アップ整体と、からだと会話して行うセルフケア

独自の整体によって頭骨や顔面骨を調整し、全身の歪みを整えて脳圧を下げ、
下垂している内臓を働きやすい位置に戻してあげると、
自律神経や内臓の働きがぐっと良くなり、基礎代謝が上がります。

また、当院では整体は「からだのレッスン」でもあります。
ただ横になって受けるのではなく、
ご自分のからだの感覚を確認しながら、整体を受けていただきます。

最初はセルフケアのポイントや、
おからだの状態や特徴などをしっかりアドバイスさせていただき、
ご自宅で整体の感覚を思い出しながら、ケアを続けていただきます。

何回か通院を重ねられると、だんだんとからだの示すサインに敏感になり、
「今日は水分を控えめにしよう」「今日は少し運動しよう」など、ご自分の感覚を元に、
からだと会話しながら、セルフケアができるようになっていきます。

とくなが整体院の整体とセルフケアは、こんな方におすすめ!

  • 雨ダル・夏バテ症状にお悩みの方
  • 気候や環境に敏感な体質でお困りの方
  • どこに行っても慢性症状が良くならない方
  • セルフケアがうまくできない方
  • 基礎代謝を上げて、内臓や神経から体質改善したい方
  • 夏を元気に楽しく、健康に過ごしたい方

ぜひ、とくなが整体院へのご来院をお待ちしております^^

↓↓↓

今すぐご予約はこちら!↓
075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
「HPを見た!」とご連絡ください。
ネット予約はこちら

完全予約制(当日予約OK)
受付時間 火・水・金・土曜日 10:30-18:30
施療時間 11:00-19:30

梅雨の季節は自律神経や内臓の力が低下しがちです。
一週間先を目安に、ぜひお早目にご予約くださいませ!

--------------------

当院の自律神経調整調整コースは、
夏に乱れがちな内臓・自律神経・脳脊髄液の流れをソフトな施術で整え、
構造的ストレスの原因の早期解決、お悩みの根本解消をめざします。
ホームページをご覧の方は初回料無料!
おすすめ!自律神経集中調整コース

頭痛、めまい、下痢、腰痛、冷えなどのお悩みには、
自律神経集中調整コースとセルフケアを並行して実践されるのが最速の解決法です。

整体を受けられた方の感想・口コミも多数頂いております!

--------------------

2014.07.09

関連ページ

↓今すぐご予約はこちら↓
【完全予約制(当日予約OK)】
075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
「HPを見た!」とご連絡ください
ネット予約はこちら

ページの先頭へ戻る