京都「とくなが整体院」の整体コラム

脳・自律神経にアプローチ! 背骨の整体

京都のとくなが整体院です。
当院HPをいつもご覧いただき、ありがとうございます。

こんにちは。今回は当院の整体法についてのお話です。
とくなが整体院では、「脳と神経(自律神経)の管理能力を正常化」を目的として、背骨を調整します。

脳・神経の役割

脳は、神経を通じてからだの状態(よいか悪いか、問題のある部分はどこか? など) を認識しています。
そして、問題のある部分を自己調整し、修復する命令を出します。その結果、多くのあらゆる症状が改善・消失します。
これが脳と神経の管理能力であり、「自然治癒力」と言われる作用です。

しかし、脳や神経自体に問題があり、管理能力が低下すると、さまざまな病気や慢性症状が発生します。

たとえば胃の調子が悪いとき、神経を通じて脳が胃の問題を認識できない状態だと、修復することができず、胃は悪化していきます。
胃が悪化すると、問題は胃だけではなく、関連する臓器にも影響が出て、栄養吸収がどんどん阻害され、全身に問題が波及する悪循環に陥ります。

この悪循環が長期間継続されると、全身のあらゆる痛みや病気の発生につながります。
これを改善するには、脳と神経を正常化させ、管理能力を回復させることが必要不可欠です。

なぜ 脳と神経の調整=背骨の調整 なのか?

背骨の中には「脊髄(脳に直結する神経の束)」が通っています。脊髄は神経の主軸であり、要となる場所です。
背骨が歪むと、本来まっすぐの脊髄がたわめられ、流れ(神経伝達)が阻害されます。
すると、脳や神経のはたらきに問題が出てしまいます。

脳脊髄液の流れを促進する図

歪んだ背骨を調整することで、脳に直結する多くの神経にはたらきかけ、問題を取り除き、少しでも早い回復をめざします。

※背骨だけではなく、頭骨などから脳と神経にアプローチする場合もあります。

どうして背骨が歪むの?

背骨の歪みは、さまざまなストレスによって引き起こされます。
たとえば、悪い姿勢(猫背、頬杖、高さの合わない机やいすなど)で長時間の仕事をすること。
背骨は悪い姿勢で少しでもバランスをとろうとして歪んでいきます。

また、食生活の乱れでも背骨の歪みが起こります。
消化しにくい食べもので内臓に負担がかかると、内臓が下垂します。
内臓が下がると背中の筋肉が引っ張られ(ここで肩こりや腰痛が起こる場合もあります)、その筋肉に押されて、背骨が歪むのです。

背骨をまっすぐ保つためには?

日々の姿勢(寝相なども含みます)を常に美しく保つのが基本ですが、難しい…と感じられる方も多いと思います。

からだは常に全体のバランスをとろうとしていますので、一見無関係に思える神経や内臓の不調をかばうため、姿勢が崩れる→背骨が歪みます。

当院の整体を行うと脳・神経を正常化し、内臓が活性化しますので、「背筋がピンと伸びるようになった!」「正座がしやすくなった!」というお声もたくさんいただいております。

また、負担の大きな食事も内臓を下垂させる原因となりますので、おからだの状態によっては、食事ケアも必要になります。

脳・神経を正常化する整体と、背骨を美しく保つセルフケア指導のご予約はこちらから

↓↓↓

↓今すぐご予約はコチラ↓

075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
ネット予約はこちら
「HPを見た!」とご連絡ください。

完全予約制(当日予約OK)
受付時間 火・水・金・土曜日 10:30-18:30
施療時間 11:00-19:30

予約枠が増え、ご予約が取りやすくなりました。
混雑も落ち着いておりますので、お忙しい方はぜひ今のうちにご予約ください!
twitterで最新の空き状況をチェックする

2016.11.2

関連ページ

ページの先頭へ戻る