冷え・のぼせ・むくみ - 自律神経と慢性症状

自律神経失調症・慢性症状に見られる、冷え・のぼせ・むくみの原因と対策についてご説明いたします。

冷え、むくみ、のぼせ、ほてりについて

冷え・のぼせ・しびれ
体の冷え、むくみ、ほてり、のぼせ、
のぼせに伴う頭痛など

「夏でも手足が冷え、冷房で体がだるい」
「冬場は冷え切って感覚がない」
「むくみがひどく、夕方に靴がきつく感じる」
「体は冷えているのに、顔だけぼうっと熱い」

冷え、むくみ、のぼせ、ほてりの特徴 - 自律神経と慢性症状

整体をしていると、
夏でもおどろくほど手足が冷え、むくんでいる方がいらっしゃいます。

異なる症状でご来院されていても、
お話を聞き検査してみると、冷えやのぼせなどが慢性的に起こっている、
その他自律神経失調症の症状も併発している、ということが少なくありません。

特に女性は冷えやむくみのお悩みを抱えていらっしゃる方が多いので、
すぐに自律神経の問題と結びつきにくいのですが、
これもひどい場合は自律神経の乱れによるものと考えられます。

冷え、むくみ、のぼせ、ほてりの原因1:神経や頭部の問題 - 自律神経と慢性症状

冷えは交感神経(体を緊張・集中させる神経)とつながっていて、
冷えているとなかなか体が休まらず、疲労が蓄積されてしまいます。

「ちょっと寒いだけ」と思って我慢せず、
「寒いと感じるほどに体がこわばっている」と考えてください。

顔がのぼせやすい方は「自分は暑がりだ」と思っている方が多いのですが、
実は、顔ののぼせや手足のほてりも、
血流が体表に集まってしまい、内臓が冷えているために起こる現象です。

また、血液が頭に集中すると、脳が圧迫され頭痛が起こる場合もあります。

冷え、むくみ、のぼせ、ほてりの原因2:内臓の問題 - 自律神経と慢性症状

胃腸などの内臓は、からだのエンジンにあたる場所です。
食べたものを消化吸収し、熱やエネルギーに変換します。

内臓の機能が低下すると、
熱やエネルギーが発生しにくくなり、体温低下=冷えが慢性化します。

内臓の機能低下の原因は、
食べ過ぎやジャンクフード、寝る前の食事など負担のかかる食生活が大きい割合を占め、
自律神経の乱れや骨格の歪み・筋肉の硬縮(こわばり)など、様々な可能性が考えられます。

また、東洋医学的に冷えは「腎」の弱りとも関係深いとされています。
(腎…ホルモン系・免疫系・水分代謝・生殖器系・泌尿器系)

そのことから、水分やアルコール、添加物等の大量摂取で腎臓が弱っている可能性や、
女性が冷えやすい要因として、子宮の機能低下が挙げられます。

冷え、むくみ、のぼせ、ほてりの改善方法

冷え、むくみ、のぼせ、ほてりなどの症状改善には、
内臓が熱を生み出せるようになること、
その熱を全身に循環させること、
熱循環を滞りなく行う脳・神経構造になることが重要です。

内臓機能を向上させ、体温上昇

内臓の弱りは体温低下を招きます。
内臓を助けてあげるためには、内臓の機能向上と、負担軽減が大切です。

とくなが整体院は、腹部の検査でお一人お一人の内臓の状態をしっかり調べ、
硬縮(こわばり)を優しく取り除き、
全身に分布している各内臓の関係要所を同時にアプローチすることで、
内臓機能を本質的に向上させ、体温上昇を助けます。

食生活改善で負担軽減&食べ物を熱に変換

また、せっかく内臓機能を向上させても、
負担となる食事を続けていては、ふたたび内臓は弱ってしまいます。

内臓の機能を阻害することなく、きちんと熱を作り出すためには、
最適の食事量・質・摂取方法・回数があります。

とくなが整体院では、お一人お一人の体質・症状に適した食事法をアドバイスいたします。

からだを温かい状態に保てる脳構造へ

交感神経が高まった緊張状態では、
血管が収縮し、からだは必然的に冷えます。

血管を拡張し、血行促進するリラックス状態を作り出すには、
交感神経状態に慣れてしまった脳と自律神経を、
副交感神経が働きやすい、本来の構造に戻してあげる必要があります。

とくなが整体院では、皮ふを通じて脳と自律神経にアプローチし、
自力でリラックス・回復可能な構造へ本質改善いたします。

「からだが暖かくなってきました」「すごくほっこりします」などのお声も多く、
ゆっくり安心して温かさを感じているだけで基盤が整う、人気の整体です。

体液の流れを活発化する

頭骨や頸椎(首の骨)の歪み、筋肉のこわばりを調整し、
血液やリンパ液、脳脊髄液など体液の流れを促進させることにより、
脳から全身へと栄養を送り、自律神経の働きを高めます。

自律神経のはたらきが高まると、内臓や全身に栄養・エネルギーが行き渡りやすくなり、
内臓や副交感神経が活性化して、熱を生み出しやすいからだになります。

からだを芯から温めるセルフケアアドバイス

日常生活においても、血行や体液の流れ、神経伝達を活性化していくことが肝心です。

日常的に半身浴をして下半身を温めましょう。
靴下を重ね履きしたり、レッグウォーマーやはらまきをするのも有効です。
詳しくは ⇒ ちょっと一息 体を温める。

温度や時間の設定、重ね着の仕方など、人それぞれにポイントがありますので、
ご自分でコツがつかみにくい方はぜひ整体受療時にご相談ください。

とくなが整体院の自律神経集中調整コースは、
からだが熱を作り出す力を底上げし、脳構造から体液循環を活性化させることで、
冷えの解消~いつも元気で代謝の良いからだを目指します!

↓今すぐご予約はこちら!↓
【完全予約制(当日予約OK)】
075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
「HPを見た!」とご連絡ください
ネット予約はこちら

おすすめ!自律神経集中調整コース

ページの先頭へ戻る