肩こり・腰痛(慢性痛) - 自律神経と慢性症状

自律神経失調症・慢性症状に見られる、肩こり・腰痛(慢性痛)の原因と対策についてご説明いたします。

肩こり・腰痛(慢性痛)について

肩こり・腰痛
慢性の首痛、肩こり、五十肩(四十肩)、
背中の痛み、腰痛、膝痛、頸椎症、関節痛、
坐骨神経痛、だるさ など

「温めたり揉んだりしても肩こりが治らない」
「腰がだるくて台所仕事がつらい」
「膝痛や坐骨神経痛で歩くことが困難」
「背中のあたりがいつもだるい感じがする」

肩こり・腰痛(慢性痛)の特徴 - 自律神経と慢性症状

当院には、慢性の痛みやしびれ、神経痛でお悩みの方がたくさんご来院されています。
特に「20年30年と悩んでいる」「今まで様々な治療院へ行ったが、良くならなかった」
ということでご来院されている方が数多くいらっしゃいます。

主な症状は、以下のようなものが挙げられます。

  • 首の痛み。頸椎症。頸椎ヘルニア。首が回らない。手にしびれを伴うなど。
  • 肩こり・五十肩。肩がこる。肩が上がらない。いつも肩が重く痛むなど。
  • 腰痛、腰椎ヘルニア。腰が痛い。腰が重だるい。デスクワークや家事が辛い。
  • 背中の痛み、ヘルニア。肩甲骨のあたりが痛む。背中に鉄板が入っているように固い。背中が筋張っているように感じる。仰向けになると痛くて眠れない。
  • お尻の痛み(臀部痛)・坐骨神経痛。座るとお尻が痛む。足に痛みやしびれがあり、立ち歩きが困難。
  • 膝痛、変形性膝関節症。立ち仕事や階段が辛い。水が溜まっている。足がむくんでいる。膝関節に滑らかさがなく、違和感がある。
  • 関節痛。変形性股関節症。股関節や膝、肘などの曲げ伸ばしが痛む。
  • 神経痛。リウマチ。肋間神経痛。腱鞘炎。足腰やあばら、腕、あるいは全身がしびれるように痛む。冷えが響く。

肩こり・腰痛(慢性痛)の原因 - 自律神経と慢性症状

肩こりや腰痛など、慢性的な痛みやしびれなどの症状は、
血液・リンパ液・脳脊髄液など「体液の流れの停滞」、
または「神経伝達の障害」によって生じていると考えられます。

体液の流れや神経伝達が滞る原因は、およそ以下の4つの原因が考えられます。
たとえ同じ症状でも、お一人お一人からだの状態や原因は異なりますので、
検査によって真の原因をきちんと確かめ、適切な施術を行う必要があります。

肩こり・腰痛(慢性痛)の原因1:全身の骨格の歪み

骨格が歪むと、血流やリンパ・脳脊髄液の流れ、神経伝達の阻害要因となり、
筋肉が引っ張られて硬く縮んだり、反対に弱化させたりなどの影響が現れます。

特に頭骨・顔面骨・頸椎(首の骨)の骨格が歪むと、
脳からの神経伝達に支障が出て、全身にしびれや凝り、痛みを引き起こす原因となります。

また、血液や脳脊髄液も頭部に停滞するので、
なかなか回復せず慢性化するケースも多く見られます。

慢性症状を本質解消するには、症状のある部位の骨格だけでなく、
全身のバランスを見ながら骨格調整する必要があります。

全身の骨格は関連しており、症状のある部分を調整してもまた歪む可能性が高いからです。
重要なのは、症状ではなく真の問題点を調整することです。

また、骨格が歪む要因は、筋肉の硬縮・弱化とも関係があり、
筋肉を調整するだけで、骨格が自然な形に調整されることもあります。

肩こり・腰痛(慢性痛)の原因2:筋肉の硬縮(こわばり)と弱化

骨格の歪みや内臓に負担がかかるなどの要因から
筋肉が硬縮(縮んで固くこわばること)すると、からだはバランスを取る方向へ動くので、
必ず対となっている筋肉が伸ばされた状態となり、弱化します。

実は、肩こりは「筋肉の弱化」によって起こっている場合がほとんどです。
弱化した筋肉は、強く揉んだり押したりしても、回復しません。
マッサージに行っても肩こりが本質解消しないのはそのためです。

マッサージは硬縮して強化されている筋肉をほぐすことはできても、
弱化している筋肉という発想がないため、これを解消することはできません。

肩こりの場合は、弱化している僧帽筋などの筋肉ではなく、
その筋肉を引っ張っている硬縮した筋肉の方にアプローチする必要があります。
また、全身の筋肉の状態を見て、硬縮・弱化の極端なバランスを解消することも重要です。

硬縮した筋肉がゆるみ、弱化した筋肉が力を取り戻すと、
滞っていた血流や神経伝達が復活し、全身が暖かいかんじがしてきます。

当院では、揉み解すのではなく筋肉を自然に解放へ導きますので、
優しく血管が拡張することで副交感神経にスイッチが入り、眠ってしまう方もおられます。

また、筋肉の硬縮と弱化は、内臓の機能低下によっても起こりますので、
内臓の状態をきちんとチェックし、
必要な場合は内臓の機能回復と負担軽減プログラムを行う必要があります。

肩こり・腰痛(慢性痛)の原因3:内臓の機能低下

内臓が弱り、機能低下することで慢性の痛みが出ることもあります。

特に、肩こり、背中の痛み、腰痛、膝痛、全身のだるさ、疲労感、倦怠感などの症状を
複数お持ちの場合、内臓の弱りが原因となっている場合が少なくありません。

内臓が弱ると、全身への血流=栄養供給が停滞したり、下垂して筋肉を引っ張ったりします。
それに伴って骨格も歪んでいき、猫背になったり、首が前に出てきて後頭部が詰まり、
脳脊髄液の流れの停滞や神経伝達を阻害を招くこともあります。

肩こり・腰痛(慢性痛)の原因4:自律神経の乱れ

慢性の腰痛や肩こりも、実は自律神経の乱れによって、
血管が収縮しているために起こっている場合もあります。

自律神経失調症の方でよく言われるのが、「肩甲骨のあたりが重だるい感じ」です。
背中が鉄板のように硬くなってしまい、猫背になっていて、
痛みのために仰向けに寝ることも困難な方もいらっしゃいます。

しびれや、力が入りにくく感じることも、局所的なものではない場合、
自律神経の乱れ、あるいは低血糖によるものである可能性があります。
体が鉛のように重だるく疲れている方も、しびれを感じることがあります。

慢性的な痛みやしびれなどを感じる場合、
骨格の歪みや筋肉の硬縮で血行が悪くなる、あるいは血糖値が下がり、
自律神経に酸素が行き渡らなくなっているためと考えられます。

また、自律神経失調症になると副交感神経(体をリラックスさせる神経)が弱まるので、
緊張から血管が収縮して、血行がさらに悪くなるという悪循環に陥っている場合があります。

肩こり・腰痛(慢性痛)の改善方法

肩こり・腰痛など慢性痛の改善には、
全身の骨格と筋肉の調整、内臓の強化、自律神経の強化など、
全身を本来の構造に戻し、体内循環を本質向上することが重要です。

慢性症状は、一部ではなく全身に問題が波及しているために、
症状が長引いていることが懸念されます。
全身の構造が本来の状態から変形し、真の原因が隠れてしまっている状態です。

真の原因をきちんと解消するとともに、全身の構造を本来の状態に戻すこと、
そして痛みやしびれなどの症状が出ている部分に、
血液やリンパ液、脳脊髄液を流し、回復のためのエネルギー補給をする必要があります。

とくなが整体院では、バキボキ音を立てるような骨格矯正や、
強く押したり揉みほぐしてコリや痛みを解消することは致しません。

たとえ硬縮した筋肉でも、押したり揉んだりすると負荷がかかって損傷します。
また、筋肉の揉みほぐしや、負荷のかかる骨格矯正は、
真の原因が未解消で全身の構造が変形したままなので、再発する可能性が高いです。

当院では、痛みの感じない部位から間接的に骨格を調整したり、
優しく触れるようにアプローチし、筋肉の動きたがっている方に導いていくことで、
すっと脱力してもらうようにこわばりや歪みを解放します。

とくなが整体院の調整法1:皮ふから骨格・筋肉・内臓・脳・自律神経を本来の構造へ

過度の緊張やストレス状態に慣らされている現代人は、
骨格や筋肉が歪んだ状態に固まり、
脳や神経の構造が変形してしまっている場合が多くみられます。

血流など全身の循環を促進するためには、
骨格・筋肉を調整した上で、脳・自律神経・内臓を本来の構造に戻し、
副交感神経が機能しやすい状態にしてあげる必要があります。

とくなが整体院では、慢性痛の隠れた原因をつきとめ、
皮ふを通じて骨格・筋肉・内臓・脳・自律神経などにアプローチし、
優しく促しながら、それぞれの緊張を解放します。

とくなが整体院の調整法2:顔面骨を調整し、変形した骨格と筋肉を解放・血流を活性化

肩こりや腰痛など、慢性痛となる血流や神経伝達の阻害は、
骨盤の歪み、筋肉のこわばりなどによって生じている可能性があります。

骨盤の歪みや変形を調整し、インナーマッスルのこわばりを取り除くことで、
血液やリンパ液、脳脊髄液など体液の流れを促進させ、体内循環を活性化することが、
などの本質改善に必要不可欠です。

とくなが整体院では、全身の骨格と対応した顔面骨のバランスを整えることで、
各骨格の歪み、筋肉の硬縮を取り除きます。

顔面骨から全身を調整すると、頭部~全身の血流が促進されるため、
「今までにない気持ち良さ!」「直接触られていないのに、お腹や足が暖かい!」
「全身が軽い!」「小顔で目が大きく見える!」「肌つやが良くなった!」

などのご感想もたくさんいただきます。

また、顔面骨を調整すると頭部(脳)の構造や
自律神経のバランス・ホルモンバランスが整うことから、
「なんだか安心して、元気が出てきました」など精神的な変化を感じる方もおられます。

さらに、体液の流れが活性化することにより、内臓機能や全体の代謝も上がるので、
体内に溜まった毒素や水分の排出がスムーズになり、冷えも改善されます。

内臓機能を向上する整体 & 食事アドバイスで体内循環を活性化

検査やカウンセリングで内臓の機能低下が懸念される場合、
慢性痛の本質改善には、内臓の機能向上と負担軽減が必要となります。

とくなが整体院は、腹部の検査でお一人お一人の内臓の状態をしっかり調べ、
全身に分布している各内臓の関係要所を同時にアプローチすることで、
内臓機能を本質的に向上いたします。

また、 内臓機能を向上させても、
負担となる食生活や生活習慣を修正しなければ、本質的な体質改善はできません。

内臓に負担をかけ消化不良を起こすのではなく、
きちんと吸収されてエネルギーとなる栄養を摂取するには、
最適の食事量・質・摂取方法・回数があります。

また、骨格の歪みや筋肉の硬縮など、構造が変形しがちな習慣・癖がある場合、
それぞれの状態に合わせて、日常生活で行えるセルフケアや運動法を行っていただくと、
回復スピードがぐっと向上し、より良い状態をキープできます。

とくなが整体院では、
お一人お一人の体質・症状に適した食事法・運動法・生活改善法をアドバイスいたします。

とくなが整体院の自律神経集中調整コースは、
骨格・筋肉はもちろん、脳・自律神経・内臓など、
全身の構造を本来の状態へ導くことで、
肩こり・腰痛・膝痛・座骨神経痛を再発させないからだ作りを目指します!

↓今すぐご予約はこちら!↓
【完全予約制(当日予約OK)】
075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
「HPを見た!」とご連絡ください
ネット予約はこちら

おすすめ!自律神経集中調整コース

ページの先頭へ戻る