しびれ・力が入らない - 自律神経と慢性症状

自律神経失調症・慢性症状に見られる、しびれ・けいれん・力が入らない症状の原因と対策についてご説明いたします。

しびれ・ふるえ・力が入らない症状について

冷え・のぼせ・しびれ
しびれ、ふるえ、けいれん、引きつり、
リウマチ、肋間神経痛、脱力
(手に力が入らない、からだの力が抜ける)等

「しびれがある」「痙攣や引きつりがある」
「足の力が抜けて、立っていられない」
「手先の細かな動きが難しい」
「握力が弱く、力が入らない」

しびれ・ふるえ・力が入らない症状の特徴 - 自律神経と慢性症状

ご自分で冷えの自覚がある・ないに関わらず、
内臓などからだの内部に冷えを抱えていらっしゃる場合、
しびれやリウマチなどの症状を感じられる方が多いです。

また、自律神経が乱れている場合、お仕事中にしびれや痛みを感じたり、
逆に休みの日にからだがしびれて一日動けなかったなど、
集中やリラックスの高まりに比例して症状が現れる場合があります。

頭痛や首痛、肩こりなどと併発して、
手足のしびれやふるえ、手先の細かな動きが苦手、
手足の力が入らないなどの症状をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

全身のしびれ・ふるえ・力が入らない症状の原因 - 自律神経と慢性症状

全身のしびれやけいれん(ふるえ、引きつり)、リウマチ、脱力などは、
自律神経の乱れ、あるいは低血糖によるものである可能性があります。

体が鉛のように重だるく疲れている方も、しびれを感じることがあります。

両手両足や全身いたるところに冷えやしびれなどを感じる場合、
血行が悪くなっていたり、水分代謝が落ちて、からだに水が溜まって冷えているなど、
循環・代謝機能の低下が懸念されます。

あるいは、低血糖で血糖値が下がり、
自律神経に酸素や栄養などのエネルギーが行き渡らなくなっていることも考えられます。

さらに、自律神経失調症になると
副交感神経(体をリラックスさせる神経)が弱まりますが、
そうなると血管が収縮してしまい、より一層、血行が悪くなっている場合があります。

局所的なしびれ・ふるえ・力が入らない症状の原因 - 自律神経と慢性症状

手足など局所的なしびれや力が入らない症状は、
頸椎(首の骨)の歪みや、脳脊髄液の停滞が原因の可能性があります。

頭骨や頸椎に歪みが生じると、
血液や脳脊髄液など体液の流れ、神経伝達に障害が発生し、
手足がしびれたり、手の力や膝の力が抜けてしまうなどの症状が起こります。

痙攣(けいれん)やふるえ、引きつりは、
他の病気の可能性もありますので、病院で精密検査をする必要があります。

しかし検査をしても、原因不明と言われる慢性症状の場合、
自律神経などの神経や脳の構造に問題が発生している可能性、
骨格や筋肉の歪みやこわばりによって神経伝達に障害があるなどの可能性が考えられます。

しびれ・ふるえ・力が入らない症状の改善方法

しびれや力が入らないなどの症状改善には、
自律神経の活性化、脳・神経の構造改善、
神経伝達や体内循環をスムーズにすることが重要です。

全身症状(しびれ、リウマチ、ふるえ、脱力)の改善には、
上記に加え、内臓機能を向上し冷えを解消すること、食生活の改善が大切です。

局所的な症状(しびれ、ふるえ、けいれん、力が入らない)の改善には、上記に加え、
神経伝達を阻害している骨格の歪みや、筋肉の硬縮(こわばり)の調整が特に重要です。

神経伝達ミスや障害の除去1:リラックスできる脳・神経構造に戻す

しびれや力が入らないなどの症状は、
自律神経をはじめ、神経系のトラブルが発生している可能性が高い症状です。

過度の緊張やストレス状態に慣らされている現代人は、
脳や神経の構造が変形してしまっている場合が多くみられます。

神経伝達をスムーズに行うためには、
脳と自律神経を、副交感神経がよく機能しリラックスしやすい、
本来の構造に戻してあげる必要があります。

とくなが整体院では、皮ふを通じて脳と自律神経にアプローチし、
休みたいときにリラックスでき、回復力の高い構造へ本質改善いたします。

神経伝達ミスや障害の除去2:頭頸部の歪みを調整、神経の働き・体内循環を活性化

血流や神経伝達の阻害は、
頭骨や頸椎(首の骨)の歪み、筋肉のこわばりなどによっても生じます。

これらの歪みや変形を調整し、神経伝達の障害を取り除くこと、
また血液やリンパ液、脳脊髄液など体液の流れを促進させることにより、
脳から全身へと栄養を送り、自律神経をはじめ神経系の働きを活性化します。

また、体液の流れが活性化することにより、全体の代謝も上がるので、
体内に溜まった毒素や水分の排出がスムーズになり、冷えも改善されます。

内臓機能を向上させ、からだの内部の冷えを改善

全身のしびれやリウマチ、低血糖などの場合、内臓の弱りが懸念されます。
内臓を助けてあげるためには、内臓の機能向上と、負担軽減が大切です。

とくなが整体院は、腹部の検査でお一人お一人の内臓の状態をしっかり調べ、
全身に分布している各内臓の関係要所を同時にアプローチすることで、
内臓機能を本質的に向上させ、熱エネルギー生産を助けます。

一人一人に合った食事法で内臓の負担軽減

内臓機能を向上させても、負担となる食生活があると、本質改善はできません。
また、低血糖の場合、食生活改善は特に重要です。

内臓に負担をかけ消化不良を起こすのではなく、
きちんと吸収されてエネルギーとなる栄養を摂取するには、
最適の食事量・質・摂取方法・回数があります。

とくなが整体院では、お一人お一人の体質・症状に適した食事法をアドバイスいたします。

とくなが整体院の自律神経集中調整コースは、
脳や神経伝達、体液循環の問題を解消し、
「元気に快適に動けるカラダ」への本質改善を目指します!

↓今すぐご予約はこちら!↓
【完全予約制(当日予約OK)】
075­-706-3380
(受付 火・水・金・土 10:30-18:30)
「HPを見た!」とご連絡ください
ネット予約はこちら

おすすめ!自律神経集中調整コース

ページの先頭へ戻る